ツアーの全行程が終了しました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。




「国際的な問題で今一番心配しているのは
世界中で起きている処分ゼロ運動だ」
Internationally, I think the biggest worry right now is
the No-Kill Movement that's going on around the world.


グローバルな視点から日本の処分ゼロ運動の課題を議論する
To discuss the urgent issue of the No-Kill movement in Japan from a global perspective.
過剰収容問題は、過剰繁殖が原因であることを再度確認する
Reaffirming that the warehousing of companion animals stems from pet-overpopulation.
早期不妊手術を推進する国際組織の設立(加盟)準備に入る
Establishing an international organization for facilitating early-age neutering of companion animals.
スケジュール
Schedule
5/25(金)
TOKYO
来日
5/26(土)
HIROSHIMA
原爆ドーム訪問、歓迎会
5/27(日)
HIROSHIMA
JMSアステールプラザ/講演会
5/28(月)
FUKUYAMA
移動日
5/29(火)
KOCHI
視察ツアー・ちよテラホール/講演会
5/30(水)
ARK:SASAYAMA
ARKエリザベスオリバー代表と対談
5/31(木)
KANAGAWA
民間団体・個人・行政施設の視察ツアー❶
6/1(金)
TOKYO
民間団体・個人・行政施設の視察ツアー❷
6/2(土)
TOKYO
浜離宮朝日ホール/講演会
6/3(日)
YOKOHAMA
カメラ収録インタビュー、メディア取材、支援者との会談
イベント詳細
Event
5/27(日)
広島
HIROSHIMA
JMSアステールプラザ/講演会(公開イベント)
<参加協力費:1,000円>
※英語でのトークはHISの生徒(学校関係者)が通訳で説明します
開場13:00/開演13:30〜17:00

講演会
処分ゼロ運動とその現実 - 目指すべきではないゴール
No-Kill movement and the reality - that's not a goal to reach for
by Dr.Jeffrey Young
PPI (Planned Pethood International)
講演会
貧困とペットの過剰繁殖問題
- その背後にあるもの -
その課題をどのように改善してきたか
Poverty and Overpopulation - What is lying behind them -
how we've been improving the issues.
by Dr.Mace (Maricelle Licuanan-Resurreccion)
PPBCC財団(Philippine Pet Birth Control Center Foundation)
研究発表
広島における動物愛護
- 広島の動物保護施設における成果とこれからの課題
Animal Welfare at Hiroshima
- The Progress made by Animal Protection Shelters in Hiroshima, and their Future Tasks.
by HIS(Hiroshima International School)

広島インターナショナルスクールの11年生(高校2年生相当)はインターナショナルバカロレア教育の重要な柱である「創造性・活動・奉仕」からなるCASプロジェクトのテーマの1つとして広島県における犬の殺処分率や過剰収容問題、そして過剰繁殖の問題を選び、4か月間この問題について学び、自分達なりの調査を行った。また同時に自分達が学んだことを活かして、動物の生きる権利を表現し、考え直してもらうことを目的とした活動を行った。
今回の発表では生徒が作成したショートムービーの上映やスライドプレゼンテーションを行い、広島の動物愛護の現状を報告すると共に、動物と人間の両方が幸せに暮らせる未来のための提言を行う。
5/29(火)
高知
KOCHI
ちよテラホール/講演会(公開イベント)
<参加協力費:1,000円>
※英語でのトークは逐次通訳で説明します
開場16:30/開演17:00〜20:00

講演会
高知は有効な繁殖予防対策のある新センターを!
箱物建設に世界一辛口なDr.Jeffのメッセージに耳を傾ける!

<講演内容>
・開会の挨拶
Yamasaki HiroDr.Jeff ジャパンツアー2018実行委員会 代表)の
ショートスピーチ
・Dr.Jeffの講演
・質疑応答
5/31(木)
東京
TOKYO
神奈川
YOKOHAMA
民間団体・個人・行政施設の視察ツアー❶
Dr.Jeff が様々な団体や施設を視察します。
6/1(金)
東京
TOKYO
民間団体・個人・行政施設の視察ツアー❷
Dr.Jeff が様々な団体や施設を視察します。
臨床獣医師との交流イベント<会場非公開>
早期不妊去勢手術に関する技術面の確認
6/2(土)
東京
TOKYO
浜離宮朝日ホール 小ホール/講演会(公開イベント)
<参加協力費:3,500円>
※英語でのトークは3名の同時通訳で説明します
開場11:30/開演12:00〜17:00

「ご来場者の皆さまへのお願い」
ロビーでの飲食は禁止されています。
ホール内は飲食可能ですが、途中退席をご遠慮申し上げますので、休憩時間内での軽食を各自ご用意下さいますようお願い申し上げます。

講演会1
貧困とペットの過剰繁殖問題
- その背後にあるもの -
その課題をどのように改善してきたか
Poverty and Overpopulation - What is lying behind them -
how we've been improving the issues.
by Dr.Mace (Maricelle Licuanan-Resurreccion)
PPBCC財団(Philippine Pet Birth Control Center Foundation)
講演会2
処分ゼロ運動とその現実 - 目指すべきではないゴール
No-Kill movement and the reality - that's not a goal to reach for
by Dr.Jeffrey Young
PPI (Planned Pethood International)
講演会3
早期不妊去勢手術の賛否 - 議論に終止符を!
The controversy is over : Early-age Neutering is the surgery of choice.
by Dr.Jeffrey Young
PPI (Planned Pethood International)
質疑応答
事前回収型の一般質問及び当日の直接質疑
総括と宣言
日本が目指すべき方向性と戦略について
交流会
Dr.Jeffらと居酒屋トーク
懇親会はビュッフェスタイルでドリンクフリーの貸切になっております。
参加ご希望の方は5/29まで下記メールにてお申し込み下さい。<5/25現在、残人数 18/50>
hinata_chie@icloud.com
6/3(日)
横浜
YOKOHAMA
新横浜プリンスホテル 4F 尾上(おのえ)/インタビュー等
<参加協力費:2,000円>
※逐次通訳を予定しています
開場13:00/開演13:30〜17:00

質疑応答
獣医師をめざす若者、獣医学生との質疑応答
参加をご希望の方は「Yamasaki Hiro」のFacebookメッセンジャーか「dr.jeff.japan2018@gmail.com」までメッセージをお送りください。
※参加協力金は現地でお支払いください。
カメラ収録インタビュー
「行き過ぎた日本の処分ゼロ運動への警鐘」
メディア取材/ラジオ収録/雑誌取材
支援者との会談
「新構想への支援要請」「フィリピンへの支援要請」
お申し込みフォーム
Application Form
「Dr.Jeff ジャパンツアー 2018」はスポンサーの存在しないイベントです。
皆様の参加費用で成り立っておりますので、ご入金が確認できた方のみご参加いただけます。

イベントへのご参加は、下記のフォームからお申し込みください。
折り返しこちらから参加協力金お振込のご案内をお送りさせていただきます。

また、6/3(日)新横浜プリンスホテルへ参加をご希望の方は
Yamasaki Hiro」のFacebookメッセンジャーか
dr.jeff.japan2018@gmail.com」までへメッセージをお送りください。

※ご入金後のキャンセル・ご返金には対応できませんので、予めご了承ください。

事前参加申し込みの受付は終了しました。
お申し込みいただきありがとうございました。

事前質問お申し込みフォーム
Question Form
「6/2(土)東京講演」での質疑応答用の事前質問を受け付けします。
事前質問は、下記のフォームからお申し込みください。

質問内容が本講演にそぐわない・入力内容の不備や講演プログラムの時間の都合などによって
ご質問が採用されない場合がございます。
予めご了承ください。

事前質問の受付は終了しました。
お申し込みいただきありがとうございました。

アニマルレスキューシステム基金 トップページ